髪の悩みと育毛を始めるきっかけ体験談



小中学校それに大学と、私は生まれた時から毛量が多い子としてお馴染みでした。

ですから西洋人のように髪の毛が細くて柔らかい子にはとても憧れていたものです。だって女の子ですからね。


「生き生きしている!」なんて誉められるような剛毛よりも、サラサラ猫っ毛のような髪の毛の方が女子は憧れるというものですよ。


けれども、30代となった今念願の猫っ毛にはなりましたけれど、危機感でいっぱいなのですよ。


ちなみに整形だとか植毛といった類いのもので、頭髪が猫っ毛になったわけではありませんから。


出産を機に髪の毛が抜けていき、さらには不思議なことに髪質まで変わってしまって、そして念願であったはずの柔らかく細い髪の毛になったのですからね。


しかし30代という年齢が年齢だけに、念願の猫っ毛にはちっとも喜ぶことができませんでした。だって、猫っ毛ではありますけれど薄毛ですから。


いや、髪の毛が細くて柔らかい人で髪の毛にボリュームがあり過ぎる人は見たことがないような気がしますので、これでいいのかとも思いますが、けれども若くはない年齢ですから、「わーい!子どもを生んだら髪の毛が変わったー!猫っ毛だー!」なんて純粋に喜べませんから。「わ、禿げていくかも…」なんて危機感を感じていますよ。


若い頃は、猫っ毛の子の苦労話に対して「はいはい、実は自慢話でしょ」なんて思っていたものですが、けれども猫っ毛って大変ですよ。


まあ「猫っ毛」というから良いように聞こえるかも知れませんが、要は私は「薄毛」なんです。

出産でホルモンバランスが変わる人もいると聞きましたが、まさか私がビンゴだったとは。もしくは剛毛の反動で一気に薄くなってしまったのでしょうか。


とにかくまあ、出産を機に否が応でも「育毛」を始めることとなってしまいましたよ。だって猫っ毛って大変なんですもん。


子どもがいるのでよく屋外に行くのですが、帽子をかぶっただけで髪の毛が張り付いてしまうのですから。

私は頭が大きいので帽子もゆるめなのですが、しかしゆるめの帽子にも関わらずすぐにぺちゃんこになってしまいますからね。


帽子を取ったら、ターバンでも巻いていたのかと思われるほどに頭皮に髪の毛が張り付いてしまって、自分の髪の毛のボリュームのなさを実感します。


30代でコレですから、子どもが部活動をするようになり応援に行かねばならない40代では、どんだけ苦労するのでしょう…と、考えますとやっぱり「育毛」しかなかったですね。


これが私の育毛始めのきっかけです。



更年期障害体験 卵巣摘出で女性ホルモンの重大さを知りましたトップへ